抗がん剤治療前の
精子凍結(妊孕性温存)をご希望の方へ

BEFORE CHEMOTHERAPY

がんになっても抗がん剤や放射線治療などを行うことで病気を克服される方が増えています。

しかし、残念ながら抗がん剤治療によって将来の妊孕性が失われてしまうことがあります。

当院では治療前に精子凍結を行うことで、妊孕性を温存するお手伝いをしています。抗がん剤治療スケジュールに合わせて可能な限り、緊急での射出精子凍結・精巣内精子採取に対応しております。どうぞ遠慮なくご相談ください.

受診の際には,主治医の先生からの紹介状,事前のお問い合わせがあるとスムーズです.

射出精子凍結
(妊孕性温存目的)

  • アイブイエフ詠田クリニック
  • おおくま産婦人科
  • 福岡大学病院
  • 九州医療センター
  • 九州がんセンター
  • 九州大学病院
  • 九州中央病院
  • 久留米大学病院
  • 佐賀県医療センター好生館
  • 佐賀社会保険病院
  • 佐世保市総合医療センター
  • 産業医科大学病院
  • 山王病院
  • 総合せき損センター
  • 高木病院
  • 長崎大学病院
  • 博愛会病院
  • 浜の町病院
  • 福岡赤十字病院
  • 原三信病院
  • 山口大学病院

など

 

医療法人鸛生会 MRしょうクリニック
福岡市中央区天神3丁目10-11天神五十君ビル6F

診療日/火曜・水曜・木曜・金曜・土曜

診療時間/10:00~18:00(昼休み 14:00~15:00)

休診/日曜・月曜・祝日

お電話・メールでの来院予約・お問い合わせ

COPYRIGHT MRしょうクリニック. ALL RIGHT RESERVED.