精度の高い精液検査の実施について

不妊症でお悩みのご夫婦には男性不妊外来受診をお勧めしております(保険診療・要予約)

精液検査・性感染症検査のみ(性感染症検査結果は後日)については当日のご予約・検査も可能です

当院では男性不妊専門クリニックの責任を果たすべく、精液検査では、総精子数や精子運動率だけでなく、精子正常形態率や精子生存率までWHOの基準に準拠して、自動測定器を用いず、豊富な検査技師が目視による詳細かつ正確な精液検査を行っております

男性不妊治療の適応は、正確な精液の評価から判断するべきだと考えているからです。

一般の郵送キットでの精液検査では、精液検査のうちパートナーの妊娠に重要な評価項目である精子運動率が測定できておりません

(郵送による影響(精子の運動率が低下する)で精子の運動性が評価できず、精子運動率の低下は見逃されています)。

また持ち込みの精液による精液検査では、温度(気温)・時間の影響を受け、特に寒い季節においては

その影響は大きく、良好な精液でも結果が不良となる可能性があります

(結果が不良な場合は、院内採精での精液検査での再検査が望まれます)。

郵送キットでの精液検査で異常はなかったがパートナーさんのご妊娠がない場合、

また他院での精液検査の結果が不良で、再検査をご希望の場合は、当院での院内採精での精液検査をご検討ください。

男性不妊治療においては、精度の高い、正確な精液検査での評価がまず第一に必要です。

当院では全ての精液検査で、自動測定器を用いず、経験豊富な技師が目視で正確に測定し、

総精子数、精子運動率のみならず、精子生存率や精子正常形態率、膿精液症の有無など

自動測定器では測定されない重要な項目まで多項目に詳細に評価します。

検査をご希望の際は、待ち時間が短くなるようお電話(092-739-8688)でのご予約をお勧めしております。

 

*当院の男性不妊外来・治療(保険診療)費用

当院の男性不妊外来・治療(保険診療)費用 | MRしょうクリニック (mensrepro.com)

 

*当院では、精子のDNAや総抗酸化能の評価(精子DNA損傷率検査(DNA fragmentation index 検査; DFI検査)、総抗酸化能(Total Antioxidant Capacity; TAC)の測定)も可能です。ご希望の方はこちらをご参照ください。

⇒精子のDNA損傷と精索静脈瘤手術 | MRしょうクリニック (mensrepro.com)

 

医療法人鸛生会 MRしょうクリニック
福岡市中央区天神3丁目10-11天神五十君ビル6F

診療日/火曜・水曜・木曜・金曜・土曜

診療時間/10:00~18:00(昼休み 14:00~15:00)

休診/日曜・月曜・祝日

お電話・メールでの来院予約・お問い合わせ

COPYRIGHT MRしょうクリニック. ALL RIGHT RESERVED.